荒川のまちをデザイン

荒川のまちをデザイン

荒川サイクリングロードを走ってみる②

荒川サイクリングロードを上流へ 前回、荒川サイクリングロードを下流に向かって走ってみました。 今回は、荒川を上流に向かってサイクリングしてみました。 少し自転車に乗るのが楽しくなってきました。 そこで、荒サイのサイ...
荒川のまちをデザイン

コロナウイルスが拡大する中での自然災害に備えて

基本的な備え 予想されていた事とはいえ、いよいよ長期化してきたコロナ禍。 このような状況でも、自然災害は起こりえます。 依然として、大地震発生の可能性は高い状態ですし、大雨による水害の可能性は年々高まっているような状況で、季節的にも台...
荒川のまちをデザイン

荒川区風水害対応方針が示されました

はじめに 昨年の台風19号に於ける自主避難場所、及び緊急避難場所に関しての混乱の教訓を省みてでしょう、2020年2月(更新日2020年2月19日)、荒川区防災課より『荒川区風水害対応方針』が発表されました。 荒川区ホームページ ...
荒川のまちをデザイン

台風19号における荒川区の対応についての総括

令和元年10月12日から同13日にかけて関東地方に超大型台風19号が上陸しました。 被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。 荒川区では物的被害はあるも、人的被害は報告なし 荒川区の被害状況 ・人的被害 報告なし ...
荒川のまちをデザイン

AED 自動体外式除細動器に関して

AEDとは AED(Automatic External Defibrillator)は日本語で『自動体外式除細動器』と訳される器具の略称です。 心臓は血液循環の要となる「ポンプ」の役割を果たしています。 そんな心臓が痙攣した(心...
荒川のまちをデザイン

防災ヘルメットの必要性

防災に打ち込む動機 私は、2011年・東日本大震災という、大規模な災害の年に議員になった。 単純だが、これが非常に強い動機となって、荒川区の防災対策を自らの議員活動としての最重要課題と位置付けている。 今期3期目も、引き続き防災に注力してい...
荒川のまちをデザイン

これからの議員活動で取り組みたい課題

はじめに 自分の中でこれからの任期4年間の目標を明確にし、その目標に向かう具体的な一歩目をいち早く踏み出そうと思い、今回の選挙運動を通じて、有権者の皆様に訴えてきたことを改めて文字にすることにしました。 解決したい課題ははっきりしているもの...
荒川のまちをデザイン

首都圏外郭放水路 視察

震災・災害対策調査特別委員会にて春日部市にある首都圏外郭放水路を視察。 地底50mを流れる世界最大級の地下放水路。全長6.3kmを流れる地下の川。 中川・綾瀬川流域は水がたまりやすい「皿」のような地形をしており勾配がゆるやかで...
荒川のまちをデザイン

区施設のブロック塀等の安全点検調査 結果及び今後の対応

 6月18日に発生した大阪北部地震でプールのブロック塀の下敷きになり、亡くなった児童 の痛ましい事故を受け荒川区は直ちに区のすべての施設において緊急点検を行い、その調査 結果の報告と今後の対応方針を決定した。設置当初は建築基準を満たして...
荒川のまちをデザイン

広域避難場所 新規指定 荒川工業高校一帯

東京都が広域避難場所として新たに「荒川工業高校一帯」を指定。それに伴い避難する区域の割振りの変更があった。 これにより荒川区の広域避難場所は7か所となる。 1.JR田端・尾久駅周辺一帯   東尾久4丁目、西尾久4~5、7~8丁目、1~...