区と国の支援事業

報告

1保育事業所等を対象とした応援事業

・幼児保育・教育を担っている区内の保育施設及び幼稚園の事業所の職員に謝意を表し、施設職員に対する荒川区独自の応援事業を実施します。

令和2年12月1日時点で常勤、非常勤、臨時等の雇用形態を問わず、区内幼児保育・教育事業所と雇用契約に基づき就労しており、かつ令和3年3月31日まで就労する予定のある職員を対象に、1人あたり2万円分のクオカードを、12月下旬に支給します。

・対象施設は、私立保育園・幼稚園、認証保育所、保育ママ、その他認可外保育所。

2ひとり親世帯臨時特別給付金の再支給について

・国の制度に基づき、新型コロナウイルス感染症の影響により、負担等が増えているひとり親世帯を支援するため、臨時特別給付金の再支給を実施。

・8月から実施しているひとり親世帯臨時特別給付金の基本給付を既に受けている方、又は申請している方を対象に(改めての申請不要)、1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円を、12月下旬に支給(口座振込)。